FC2ブログ

ブルックリン

1950年代のアイルランド。
まともな仕事もない、出会いもない。
そんな故郷を出て、ニューヨークのブルックリンにひとり暮らし始める女性の成長物語。

エイリシュは姉の強いすすめもあり、仕事を求めてアメリカへひとりわたる。
最初の頃は姉と母への恋しさに泣き、友人もできず、デパートの売り子の仕事もひたすら苦痛なだけ。
しかし姉と懇意の神父のアドバイスや、恋人ができたことにより、エイリシュはどんどんその魅力を開花していく。

646.jpg


アイルランドからアメリカまで、映画では具体的に何日とか、エイリシュがいくつ、という説明はない。
が、おそらく10代であろう女の子がたったひとりで友人もいない外国へと飛び込んでいくその決意がまずすごいなぁ、と。

まあ感心したのはその点と、働きながら夜間の大学へ通い簿記(英語で簿記ってBookkeepingというらしく、ブッキーって聞こえてちょっと面白かった)を勉強したこと。
あとは・・・なんなんだろねぇ。
イタリア系移民の優しい男性と恋に落ちる。いろいろな経験を重ね、美しい女性になっていく。
今は貧しいけれど、ふたりで描く未来の夢。うん、まあ、これもいいでしょう。

幸せの中、故郷から姉が急死したとの知らせが。
帰国することになったエイリシュを、彼氏は不安も手伝って「今すぐ結婚してくれ」と言い、なんやかやとエイリシュも承諾、結婚の申請をする。
で、帰国したらばなんだかいい感じのお金持ちの男性が彼女にふられてフリーになっているわ、母親からのこのまま故郷にとどまってくれアピールがありの、姉が勤めていた会社から手伝ってほしいと仕事まで見つかっちゃって、あら、なんだか居心地よくない?アイルランド。
と、揺れる乙女心・・・そして彼女が下した決断は、って。
いわ・・・れても・・・なぁ・・・

まあ10代の女の子の人生の選び方って、こういう即物的に傾くのはしかたないのかなぁ、と。
前半はなかなかに見応えはあったけれど、後半の「そこ、迷うとこかなぁ」という不満があまりに大きすぎて、どうにも後味悪かった。




スポンサーサイト

COMMENT 0