怒り

東京八王子で起きた殺人事件。
壁に血文字で「怒」と書いた犯人は、整形手術をして逃亡、1年がたとうとしていた。
ちょうどそのころ、千葉、東京、沖縄の三か所に、素性のわからない男が現れた。

風俗店で働いていたところを父に連れ戻された愛子は、不在の間に父の会社でバイトをはじめた田代と親密になっていく。
東京の大手企業に勤めるゲイの優馬は直人と知り合い同棲をはじめる。
沖縄の離島で暮らしはじめた高校生の泉は、遊びに行った無人島で田中と名乗る男と出会う。

三か所の出会いはそれ自体は絡み合ったりはしない。
共通するのは、八王子殺人事件の犯人のモンタージュとどことなく彼らが似ていること(本当にこれはよくできていて、松山ケンイチと綾野剛、森山未來を取り違える人は少ないと思われるのに、確かにどこか彼らのように見える)。
以前なにをしていたのかどこから来たのか、本人の言だけで素性がよくわからないこと。


654.jpg



名前すらも本当かどうかわからない相手がかけがえのない存在に変わっていったとき、人はどこまで相手を信じられるか。
タイトルは怒り、だけれど、この映画のテーマは信じられるかどうか、ということだと思う。
怒りはむしろ、相手を信じきれなかった己に対しての感情というか・・・悔恨を含んだ怒り、というか。

とにかく俳優陣が皆凄みを感じるほどの演技で、スクリーンから圧力を感じた。
そういう映画にはなかなかお目にかかれれない。
特に宮﨑あおいには驚いた。
傑作、と言っていいと思う。
スポンサーサイト

COMMENT 0