FC2ブログ

アズミ・ハルコは行方不明

27歳の地方に住む安曇春子。くだらない会社に勤め、上司から言葉のセクハラを受ける日々。
実家に住んでいるが痴呆の進む祖母の介護で、母は疲れ切っている。
再会した同級生の曽我となんとなく関係を持つようになる。

660.jpg


愛菜は成人式で名古屋の大学に進学したユキオと再会。
やがて地元に帰ってきたユキオと付き合うようになる。
ふたりで行ったCDショップで同級生の学と再会。
ユキオと学は何かでかいことをしよう、と安曇春子の行方不明のポスターの写真を勝手に落書きしてまわる。

そして女子高生の集団が男性を襲撃する事件が世間を騒がして・・・

圧倒的な地方の閉塞感。
状況を打破するとっかかりすら見えない日々。
多分この映画ではそういう閉塞感に息が止まりそうな女の子たちに贈るエールのような映画を目指したんじゃないかと思うのだけど。
はっきり言えば空回り気味。

時系列をかなりこねくりまわしている。
これはラストのカタルシスに向かってあれとこれがつながって、ああ!という爽快感があってこそ活きる手法だと思う。
この映画においては話をわかりにくくしていて、いたずらに混乱をまねいているだけ、な気がする。

主演の蒼井優の演技は相変わらずすごいんだけど。
普通に笑顔で誰かと話をしていたのに、たった一言でスポイルされてキラキラしていた目がす~っと空洞のようになる表情とかね。
もう、そこだけホラーのようでぞっとする。

あとね、実は落合モトキがわりと好きで。
最近いろんなとこにちょちょっと出てるので、モトキを探せって感じになってます、はい。
この映画のキャラはウザくていい感じ。
あ、それとひゅーいくん、意外に演技もイケるね。
ヒドイ男の役がぴったりだった!


スポンサーサイト

COMMENT 0