マグニフィセント・セブン

黒澤明の「七人の侍」とそれをリメイクしたハリウッド映画「荒野の七人」をベースにした西部劇。
これ、あまり宣伝も見かけずひっそり公開してるんだけど、なんでだろう。
主役はかっこういい役でしかおみかけしないデンゼル・ワシントン。
今回も徹頭徹尾格好いいです。
で、予告も見ずに行ったので、イ・ビョンホンが出てきてびっくりした。
アジア人枠なんだろうな・・・他にもメキシコ人、はてはインディアンまで!わお。

金のためには人を殺すことを屁とも思わないバーソロミュー・ボーグに支配された街。
人々は苦労して開拓した土地を、はした金奪われる危機に陥っている。
そんな街を救うために集まったのは賞金稼ぎのサムを筆頭とする7人。

667.jpg

まあ深いことは考えずに見ればいいと思う。
メインは7人もいるけれど、それぞれ個性的で見間違うことはない(これ外国映画だと重要)
ただこの戦いに身を投じれば、生きて帰れる可能性はかなり低い、ということがわかっていながら何故男たちは見ず知らずの人々を救おうとしたのか。
デンゼル・ワシントンは最後のほうで因縁が明らかになるし、イーサン・ホークの事情もわかる。
が、他の面々が命を賭して戦う理由がよくわからない。
義なのか?なあ??

アクションは見ごたえあって、さすがハリウッド。
スポンサーサイト

COMMENT 0