FC2ブログ

ホワイトリリー

にっかつロマンポルノリブート企画のラスト。
監督はリングの中田秀夫氏。
ホラーが苦手なのでほとんど未知の監督さんである。

人気陶芸作家の登紀子の身の回りの世話をし住み込みで働くはるか。
奔放な性格で男性を連れ込む登紀子だったが、男では満たされない、とはるかのベッドにもぐりこみ、ふたりは体を重ねる。
歪ながらも安定した生活に、知人の陶芸家の息子・悟が住み込みで修行することに。
登紀子はさっそく悟に手を出し、ふたりの生活はきしみだす。

ホラー作家ならではの、女の嫉妬が徐々に沸騰していくような展開を予想していた。
が、わーっと盛り上がってきたときに悟の彼女が登場する。
これがちょっとコメディチックで、笑ってしまった。
近くにいた男性も笑ってたから、そう変な感性ではないと思われる・・・わたしの緊張感返して~

673.jpg


面白そうな素材なんだけど、これは尺が絶対的に足りなかった!
ラストの主人公の決断が何によるものかちょっとピンとこなかった。
いや、まあ、うーん、わかるけど、うーん・・・
百合シーンはなまめかしく、かつ美しかった。
何より驚いたのが登紀子を演じた山口香緒里氏。
この人、ドラマのゲストでたまに見かけて、ちょっと意地悪でお金持ちの奥様を演じたり、というイメージしかなくて。
それがこんなに演技派だったとは!驚き。
もっと驚いたのが彼女が歳下だったことだったりして・・・まじかー
スポンサーサイト

COMMENT 0