22年目の告白 私が殺人犯です

SR サイタマノラッパーは公開当時かなり話題になっていて(単館系映画としては)、迷ったものの、どうしてもラップを聞き続ける気にならずに見逃した作品。
その監督、入江悠が手がけたのがこの映画。
まあ実は主演の藤原竜也がちょいと苦手な顔で、どうしようかな~と迷っていたけれど、面白そうなので。
後味は悪いものの、エンタテイメントとして十分に楽しめる映画だった。

1995年に連続殺人事件がおこる。
家族など身近な相手の目の前で家族を縄で絞め殺すという残虐な事件。
時効が廃止される直前におきた事件で、とうとう時効が成立してしまう。

ところが時効になって間もなく、その犯人だと名乗る曾根崎という男が現れる。
彼は事件の事実を書いた本を書き、派手なパフォーマンスで世間を翻弄する。

699.jpg

ほほう、そうきましたか、という驚きもあり、謎解きの楽しさもあり。
犯人も意外な人物、動機もちゃんとしてて、こりゃ原作も面白いんだろうな、と。

胡散臭い曾根崎を演じる藤原竜也がはまってる。
この人も自分に合う役というのをしっかりわかってる人だよな、と思う。
そこから大きくずれた役はやらない人というか。そうでもない?

冒頭からたたみかけるような映像の洪水で、事件の流れをわかりやすく見せる手法がうまい。
よくある手だけど、そういうとこはきっちりしてる。

あと曾根崎が一部でアイドル的存在になる場面もあって、ああ、人ってこういうとこあるよね、って思った。
去年発売された殺人犯の本があった。
あれのときもきゃーきゃー言ってる人がいるのを見てぞっとした。
学術的に研究したいという興味ならばわかるけど、安易にそういうものにひかれてしまう人、というのは理解できないし理解したくない。できればそういう人とは話したくないし接点を持ちたくない。持つ必要もないと思っている。
なのでこの映画でいちばん怖いな、と思ったのはここかなぁ。



スポンサーサイト

COMMENT 0