FC2ブログ

草原に黄色い花を見つける

1980年代ベトナムの田舎が舞台。
豊かな自然に囲まれ、貧しいながらも仲良く暮らすティエウとトゥオン兄弟。
ティエウは幼馴染のムーンが気になって仕方ないが、おさなすぎるふたりは気持ちをうまく伝えることができない。
そんな中、ムーンの家が火事になり、一時ティエウの家に預けられることになる。
しかしムーンはトゥオンとばかり仲良く遊び、ティエウのうっ憤は募っていく。

711.jpg

純朴な兄弟に心洗われた!とかいうレビューが多いんだけど、わたしはドン引きした。
これ以上ないくらい引いた!
まあネタバレしますとね。





うっ憤がたまったティエウはあることをきっかけにキレて、弟を木で殴打するわけ(しかも原因となったことはティエウのまったくの誤解)。
そのせいで弟は歩けなくなってしまう。
優しい弟は兄がやったと言えば父から叱られるのを気遣って、自分が木から落ちてけがをした、というのだ。
ティエウは映画の最後までそれを隠したままだ。

手加減なく殴る、というのもひくし、自分のせいだというのを黙っているというのもひく。
だめだわーこういうの。
わたしがムーンだったら真実を明かしちゃうし、ティエウのことは嫌いになるな。
どこが純朴やねん!
スポンサーサイト

COMMENT 0