FC2ブログ

昔住んでいた場所

前々から思っていたのだけれど、ストリートビューって面白い。
ふと思いついて、3~4歳の頃に住んでいた場所を探してみた。
引っ越し後、ご近所の友だちに手紙を書いた時に何度も練習させられた住所、未だに覚えているのである。

なんと、当時住んでいたアパートを発見。
いわゆる文化住宅ってやつ。
できたのが住宅情報サイトによると1974年だそうだから、あのころは新築だったんだなぁ。
2Kで和室が二間縦につながっていて、ガラス戸で仕切るようになっている。
玄関はいってすぐに台所。その奥にお風呂。
両方に窓があって明るかった。
まだ日の高いうちに帰ってきた父と、明るいお風呂に入った記憶がある。
集合住宅ではあったけれど、縁側もちゃんとあって、庭もあった。
庭に仕切りはなくて、共同で洗濯物を干し、花壇があったので皆でいろいろ植えていた。
ひまわりとか、ある年はとうもろこしを植えて失敗したり。

庭の裏側は広々と田んぼが広がっていて、夏にはカエルが大合唱。
春はあぜ道の横の小川でおたまじゃくしを捕まえたり、タニシをとったり。
部屋の壁にはよく、カマキリが卵を産み付けて、生まれて小さなカマキリが大行列を作るまで気づかなかったり(砂壁と同じような色だったのだ!)、時にはヘビが入り込んだこともあった。

ラジオ体操に通った三角公園(形が三角形だからこう呼んでいた。地図で見ると本当に三角!)も残っていた。
たまにぽんぽん菓子の人が来ていて、買ってもらったっけ。
その公園に行く途中の、すごく深くて大きなどぶ川、と思っていた排水路も、こうしてみると案外小さい。

長閑な環境だったけれど、ストリートビューを見る限り、周辺の田んぼはひとかけらもなくなってしまったようだ。
ぎゅんぎゅんに隣家のさしせまる住宅地、という感じ。

こうして見て気づいたのだが、このアパート、最寄駅は阪急電鉄の小林駅。
ここって、映画 阪急電車 片道15分の奇跡 で中谷美紀が降りる駅ではないか・・・

あの映画ではのんびりした街、と評されていたっけ。
あのままあの街に住んでいたらどんな人生だったのかなぁ、と。
ふと考えちゃったりするわけです、はい。



スポンサーサイト

COMMENT 2

icchan  2018, 01. 23 [Tue] 23:24

No title

へ、やぶさん兵庫に住んでたの?!

Edit | Reply | 

やぶ  2018, 01. 24 [Wed] 10:36

To icchanさん

あれ?言ったことなかったっけ?
3歳からおそらく小学校あがる少し前まで、親の夜逃げに付き合って宝塚におりましたのよ。おほほ~

Edit | Reply |