FC2ブログ

モリーズ・ゲーム

モーグル選手としてオリンピック出場をかけた試合で転倒、怪我によりアスリートの道を断念したモリー。
ロースクールへ進む前に一年の休暇をとろうとロスにやってきた彼女は、バイト先の雇い主が金持ちを集めてポーカーに興じていることを知る。
その手伝いをするうちに、持ち前の頭の回転のよさと観察力で、そのノウハウを身につけていく。
そして自らゲームを主催するようになり、瞬く間に富を手に入れるが10年後、彼女はFBIに逮捕されてしまう。

731.jpg


実在の人物のお話が基だそう。
学業優秀、オリンピックを目指すほどのアスリートに育ったのは、厳格な父の教育のせい。
この厳格と言うかこわいおとっつあんを演じるのがケビン・コスナー。
一時期は主演映画がコケまくっていろいろ言われていたけど、一瞬誰だか気づかないような脇役もちゃんとこなせる俳優なんだよなぁ。
モリーがステップを軽やかに上っていく様子、そして停滞、堕落。
半ば言いがかりのようなFBIの逮捕にも屈することなく毅然とした態度をとる。
そして自分の信念は絶対に曲げない・・・ポーカーの顧客を明かせば減刑という司法取引をもちかけられても断固として断る。
かっこういいなー

アメリカではどうもポーカーを主催しても手数料?をとらなければ違法ではないらしく。
チップありきの国だからこそ成り立つ仕事なのかな?
ここのあたりに疎いから、多分理解しきれていない部分も多いかもなぁ、この映画。
スポンサーサイト

COMMENT 0