FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

告白小説、その結末

デルフィーヌは自殺した母親との確執を描いた私小説で一躍有名になった作家。
しかしその後はスランプに陥り、書けずに苦しんでいた。
そんな折サイン会の会場で彼女のファンだというエルと名乗る女性と知り合う。
何故か馬が合い、次第に親密になっていき、デルフィーヌはエルと同居を始める。
理知的なエルだったが時折見せるヒステリックな一面にデルフィーヌは翻弄されていく・・・

733.jpg


正直よくわからなかった・・・

次第にエルに浸食されていく様子が怖くて、そこは面白いんだけど。
以下ちょいネタバレ?




結局エルはデルフィーヌの別人格、ということでいいのだろうか・・・
でもなんかそうすると、ちょっと使い古されたネタのような気がしてがっかりしたりして。
スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。