FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアコン初めて物語

トラがキャットタワーから落ちた。
わたしはその場におらず、オットの話を聞いただけなのだけど。
何が原因かはわからないけれど、タワーの傍に置いてあった水の器に脚を突っ込んで着地。
そのあとフラフラっと倒れこみ、しばらくしてたちあがるも歩き方がおかしい。
これは即病院だ!と連れて行く。

トラは6月に15歳になった。歳も歳なので、様子見で入院することに。
血液検査の結果はよかったり悪かったり。
獣医さんは病気を見つけたがるけど、年齢のこともあるし、どこかガタがきてるのは当たり前でもある。
レントゲンをとるがさしあたって異常なし。
CTは全身麻酔するので、年齢を考えてやめておいた。
わたしたちが考えたのは暑さのせいでのぼせたんじゃないか、ということ。

20年前、このマンションを買ったときエアコンがついていたのだが、とにかく冷房嫌いなわたしたち。
越して一年目の梅雨に除湿を一度試したら気持ち悪いくらいに冷え、それに懲りてエアコンはブレーカーから落としていた。
しかもこのエアコン、ガスを熱源としており、去年お風呂をリフォームした際に、工事の関係で使えなくなっている。
3年くらい前までは窓を開け放しておけば風がびゅんびゅん吹いて涼しかった環境も、周囲に新たに建ったマンションのせいか、あまり涼しさを感じなくなっていた。
去年くらいからエアコン買わないとわたし死ぬかも・・・と弱音をはいていたのだが、オットは「えー・・・」と渋る。
が、猫の為となれば行動は早い。
トラが退院して数日後には新しいエアコンを取り付けと相成った。

結果。超快適。エアコンすごいわ。
0.5刻みで温度設定ができるのだが、0.5度違うだけでちゃんと体感温度が変わる・・・
我が家ではいろいろ試した結果、29.5度でつけっぱなしにすることに(29度だとオットが寒いというのだ)。
猫ブログを見ていると、熱中症対策でエアコンをつけても、嫌がって違う部屋に移動する猫が多い。
ウチはどうかな?と見ていると。
トラは涼しいの大好きだったみたいで、ほぼエアコンのあるリビングから移動しなくなった・・・
ああ、ごめん、もっと早くつけてあげればよかったね・・・
花火のほうは暑い部屋のクローゼット(涼しい)にこもったり、リビングに来たりいろいろ。
猫にも好評、ということでいいのかな?
にしてもトラ、退院してからキャットタワーに上らなくなってしまった。
やっぱり着地失敗がトラウマになってるのかなぁ?

設置した日は土曜日。快適な夜を過ごしていた。
そろそろお風呂をためるべ、と給湯器のスイッチを入れてしばらくすると。
突如エアコン本体の下部から水が滝のように流れてきた!
水はカーテンを濡らし、壁紙を濡らし、床にどんどん流れる。
エアコンを止め、配管の不具合なら水が出切ったら止まるはずだが、いったん止まってザザーっと流れる、ということを繰り返す。
オットとふたりでタオルで水をとりつつバケツに貯めていく。
と、バケツの水が半分くらいまでたまったところでオットが気づく。
「これ、ガスエアコンに流れる水なんじゃ?」
給湯器の電源を切ると、水はようやく止まった・・・

翌日給湯器を設置してくれた業者に見てもらうと、業者はエアコンへの水を止めたつもりだったけれど、浴室乾燥機とエアコンへ分岐してお湯が流れるようになっており、その分岐部分の止水ができていなかっただめに水漏れしたんだそう。
うーん・・・そんなことってアリなの?
とりあえず水自体とめてもらって、今は浴室乾燥機が使えない状態。
梅雨時じゃなくて助かった・・・
部品がきたらエアコンのほうだけ止めてもらう予定。
なんだかなー
スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。